2017年06月02日

「PORSCHE 964 Carrera 4」

ゴールデンウィーク明けにご近所様から問い合わせいただいて入庫していただきました。
「1990 PORSCHE 911 Carrera 4」

※コーティング施工後写真です。

IMG_5010.JPG

お話をお聞きすると、20年所有されておりましてポルシェジャパンができる前のミツワ自動車物の964だそうです。

IMG_4988.JPG

購入されたときに当時ディーラーを通じてカービューティープロでコーティングされてから、20年ぶりのコーティング再施工となりました。
ボディガラスコーティング(PROMAX EXE)撥水で施工させていただきました。

入庫時

IMG_4952.JPG

IMG_4955.JPG

この当時のお車は塗装の状態、各部品の状態劣化を確認しながら作業していくのでかなり気を張って作業します。
まずは、室内清掃。バキューム清掃、各パネル類、シートを簡易汚れ落とし。

IMG_4999.JPG

こちらのポルシェもマニュアルです!!

足回り洗浄に、結構年数がたっていて塗装の剥がれがあったりしたので慎重に作業していきます。

IMG_4954.JPG

※コーティング後タイヤWAX塗布して完成です。

IMG_4998.JPG

そしてボディに。
細部の洗浄(エンブレム、ドアヒンジ、パーツのつなぎ目など)、特にWAXの細部つまりがいろんな箇所にあったので重点的に除去していきます。樹脂パーツの洗浄後、シャンプー洗車、鉄粉除去(塗装面調整)、マスキング(養生)します。
マスキングは、磨きから出るコンパウンドの粉が細かい箇所に侵入を防ぐ役割をもち、角々まで磨ける、機械ので磨いている時、部品・パーツを破損させない為などの用途があります。

IMG_4960.JPG

IMG_4961.JPG

こちらの964塗装全部オリジナルカラーでした。とにかく塗装硬い。塗装が硬いと拭き傷除去しにくいんです。。。何度も磨いて除去していきましたが20年の深傷はやはり除去できません。
コンパウンドで真っ白になりながらの作業でした。笑

IMG_4969.JPG

1工程目、荒削り作業、深い傷やシミを除去していきます。
2工程目、機械傷、細かい傷の除去、バフ目(機械の磨きから出るもやもや)除去、細かい傷の除去
3工程目、アクリル樹脂ポリマーで更に細かい傷を埋めて、ガラスコーティング塗布前の下地処理

リアフェンダー

IMG_4964.JPG

↓      ↓      ↓      ↓

※アフター写真は全てコーティング施工後写真です。

IMG_4990.JPG

助手席ドア

IMG_4966.JPG

↓      ↓      ↓      ↓

IMG_4992.JPG

※リアエンジンフード

IMG_4965.JPG

↓      ↓      ↓      ↓

IMG_4989.JPG

エンブレム周り、ドアモール、ドアノブ周りなど細かい部分(機械が入らない箇所)を手磨きします。
全ての磨きを終え、コンパウンドの粉や磨きから出た油分を完全に除去する為、もう1度洗車します(脱脂洗車)水気をしっかり拭き取り、ガラスコーティング(PROMAX EXE)塗布し拭き上げ乾燥させます。
そして、ウインドコーティング塗布拭き上げ、窓ガラス清掃、タイヤWAXを塗布して完成です。

IMG_4983.JPG

IMG_4980.JPG

IMG_4984.JPG

このリアウインド内側拭きに40分位格闘しておりました。笑

IMG_4995.JPG

そして太陽光の下で最終チェックします。
室内のLEDスポットで見るのとは全く違うカラーにみえますね。笑

IMG_5006.JPG

IMG_4997.JPG

IMG_5003.JPG

IMG_5004.JPG

IMG_5005.JPG

IMG_5002.JPG

いろんな角度から撮影したのでもっと載せておきます。笑

IMG_5014.JPG

IMG_5008.JPG

IMG_5013.JPG

オーナー様にお車を引き取りに来ていただいた所、大変感動して頂きました!!
20年ぶりに磨き上げて、コーティングしたお車を見てこんな色だったんだー!!とお言葉頂きました。
洗車も定期的に入れていただけることになりました。
この度は当店をご利用していただき、ありがとうございました。
今後も宜しくお願い致します。

江戸川区 ガラスコーティング・ルームクリーニングSHOP

カービューティープロ FIRST STAR
http://www.cbp-firststar.com/

〒132-0001 東京都江戸川区新堀1-28-13
TEL 03-3676-0922
posted by FIRST STAR at 13:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: