2021年07月12日

「WAGON R STINGRAY」

関東の梅雨明けもう間もなくですね。
あっつい夏がやってきますね。早く終わってほしいです。
涼しい秋よ。はよー来い。

先日久しぶりの業者様のご依頼でボディガラスコーティング(PCX−S7)低撥水の施工させていただきました。
「WAGON R STINGRAY」軽自動車で走行距離が4000キロ位のお車でした。

IMG_0670.JPG

ぱっと見綺麗なのですが、しっかりボディ状態を見ていくと塗装ミストかぶっておりました。泣

※入庫時

IMG_0639.JPG

まずは、エンジンルームクリーニング。写真撮り忘れです。。。
そして室内清掃。すみずみまでバキューム清掃、パネル類の拭き上げもしっかりと。

IMG_0640.JPG

足回り洗浄。ホイールの中、ナット周り汚れも専用洗剤で洗浄。
※施工後写真です。タイヤWAX塗布してあります。

IMG_0669.JPG

そして、ボディに。細部洗浄していきます。
まずは、ディテール洗浄。窓枠、エンブレム周り、ドア、トランクヒンジ周り洗浄。
この作業を念入りにやらないと、最終的な仕上がり変わってきます。
そして、塗装ミスト除去作業、鉄粉除去作業。特殊洗剤で洗浄していき、鉄粉除去器具を使って塗装面を調整します。再度ボディ洗浄後、水気を拭き取りマスキング(養生)します。
マスキングは磨きから出るコンパウンドの粉が細かい箇所に侵入を防ぐ役割をもち、角々まで磨ける、機械で磨いている時、部品・パーツを破損させない為などの用途があります。
どのように磨いていくかを想像しながら養生していきます。

IMG_0642.JPG

IMG_0644.JPG

軽自動車はどのメーカーもだいたい塗装が非常に柔らかい。。。
特に今回のお車のブラックもとっても柔らかくデリケートな塗装でした。
磨き3工程しました。

IMG_0651.JPG

IMG_0647.JPG

1工程目、荒削り作業、深い傷やシミ除去。
2工程目、機械傷、細かい傷の除去、バフ目(機械の磨きから出るもやもや)除去、細かい傷の除去。更に微粒子が細かいコンパウンドで磨き塗装面調整。
3工程目、コーティング塗布前にアクリル樹脂の溶剤を使って熱を加えながらコーティングしながら細かい傷埋め磨きします。艶感も深みのある濃色になります。
細かい部分は機械がはいらないので手磨きします。
いろいろなポリッシャー(機械)コンパウンドを変えながら磨きます。
磨きながら、磨いた後はマスキングを剥がしながら作業します。

磨き前

IMG_0645.JPG

研磨後

IMG_0652.JPG

磨き後、もう1度脱脂洗車します。
この時に洗車傷、拭き傷が入らないようにかなり気をくばります。
磨きから出るコンパウンドの油分を除去するのと、コンパウンドかすは隙間隙間のどこかしらに侵入しているので一緒に洗浄しながら除去します。
脱脂洗車をきちんやらないとガラスコーティングはボディの塗装面に定着しないので念入りに。

水気を完全に拭き取り、ガラスコーティング剤を塗布していきます。
ボディガラスコーティング剤は PCX−S7(低撥水)水玉にならない親水に近いガラスコーティング剤です。

IMG_0655.JPG

IMG_0658.JPG

時間を置いて拭き上げ乾燥。
窓ガラス清掃、タイヤWAX塗布して完成です。
コーティングが硬化すると水の流れ方はこんな感じです。

S7 水の動き.jpg

お天気が乱高下している中。雨が切れたタイミングで太陽光のしたで最終チェックします。

IMG_0664.JPG

IMG_0668.JPG

IMG_0666.JPG

深みのあるブラックになって、艶感ばっちりです。
このままお車お届けに行って来ました。
この度もありがとうございました。

そして、そして、打って変わってデカ物。
大型トラックの展示車両仕上げに行って来ました。
久しぶりのUDトラックス上尾本社工場に。

IMG_0663.JPG

今回はトレーラーヘッド2台を6人体制で仕上げてきました。
工場内は撮影完全NGなので作業写真はありません。
とっても綺麗に仕上がっているので、写真でお伝えできないのが非常に残念です。

江戸川区 ガラスコーティング・ルームクリーニングSHOP

カービューティープロ FIRST STAR
http://www.cbp-firststar.com/
posted by FIRST STAR at 12:21| Comment(0) | 日記