2021年03月12日

「PORSCHE GT3」

3月になって気温が上がってきましたね。
いろいろと外で遊びたい季節ですが我慢ですね。泣

先日ご近所様からふらっとお店に立ち寄っていただきいろいろとお話させていただき、一度お車拝見しないとわからないということですぐに現車確認させていたきました。
タイミングもバッチリあったのでその日に入庫。作業させていただきました!!

※コーティング施工後写真です。

IMG_9972.JPG

当店のホームページやブログを読んでいただいてご来店いただけましたので、コーティングメニューや施工価格もすぐにご相談させていただき作業させていただきました。

※入庫時

IMG_9929.JPG

・ボディガラスコーティング PROMAX EXE(撥水)
・ホイールコーティング(中外施工)ホイールは外しません。

室内清掃後、ホイール洗浄。何種類もの洗剤を使い分けて洗浄。頑固なブレーキダストの固着はありませんでしたが鉄粉除去用具を使って再度洗浄。

IMG_9930.JPG

↓     ↓     ↓     ↓
※コーティング施工後写真です。タイヤWAX塗布してあります。
ホイールコーティングは、ボディコーティング作業後施工します。

IMG_9962.JPG

ホイール洗浄後、ボディに。
ディテール洗浄。窓枠、エンブレム周り、ドア、トランクヒンジ周り洗浄。
この作業を念入りにやらないと、最終的な仕上がりが全く変わってきます。
念入りに。

IMG_9934.JPG

ボディシャンプー洗車後、塗装面調整(鉄粉除去作業)
今度はボディを磨いていくのでマスキング。
マスキングは磨きから出るコンパウンドの粉が細かい箇所に侵入を防ぐ役割をもち、角々まで磨ける、機械で磨いている時、部品・パーツを破損させない為などの用途があります。
どのように磨いていくかを想像しながら養生していきます。

IMG_9941.JPG

IMG_9940.JPG

ここまで、約2日かかっております。
ガラスコーティングするすべての入庫したお車は1日では仕上げることはできません。(国産、外国車、グレード、車体価格に関わらず)
下地処理を念入りにすることで綺麗な仕上がりになります。

2日目は磨きの工程です。コーティング下地処理。
1工程目、荒削り作業、深い傷やシミ除去。
2工程目、機械傷、細かい傷の除去、バフ目(機械の磨きから出るもやもや)除去、細かい傷の除去
3工程目、もう1度細かいコンパウンドで磨きガラスコーティング塗布前の下地処理
細かい部分は機械が入らず、機械で磨けない部分は手磨きします。
いろいろなポリッシャー(機械)コンパウンドを変えながら磨きます。
磨きながら、磨いた後はマスキングを剥がしながら作業します。

磨き後脱脂洗車します。この時に洗車傷、拭き傷が入らないようにかなり気をくばります。
磨きから出た油分を除去するのと、コンパウンドかすはどこかしらに侵入しているので一緒に除去します。
脱脂洗車をきちんやらないとガラスコーティングはボディの塗装面に定着しないので念入りに。
水気を完全に拭き取り、ガラスコーティング剤を塗布していきます。
コーティング塗布、拭き上げ、乾燥。
ガラスコーティング剤は PROMAX EXE (撥水)
今度はホイールコーティングに。
ホイールコーティング塗布、拭き上げ乾燥。
窓ガラス清掃、タイヤWAX塗布して完成です。

IMG_9960.JPG

IMG_9963.JPG

オーナー様に引き渡す前に、太陽光のしたで最終チェックします。

IMG_9971.JPG

IMG_9974.JPG

IMG_9977.JPG

オーナー様にお車引き取りに来ていただいた所、大変喜んでいただきました。
いつもこの締めでこの言葉を使っていますが、本当ですよ。笑
この度は当店をご利用していただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願いいたします。

お客様の為にも、作業したお車のブログをなるべく早めにアップしたいと思います。
やはり作業内容も確認できますし、オーナー様ご自身のお車の扱い方や、作業工程もわかりやすいとお言葉いただいております。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

江戸川区 ガラスコーティング・ルームクリーニングSHOP

カービューティープロ FIRST STAR
http://www.cbp-firststar.com/
posted by FIRST STAR at 17:11| Comment(0) | 日記