2017年02月13日

「Mercedes Benz 280SL」

昼間はだんだん暖かくなってきましたが、まだまだ寒さが続きますね。
花粉もかなり飛びまくっていて、普通に置いていても車がかなり汚れる季節になってきました。泣
私の車は、花粉と砂汚れと、先日の雨でかなり汚れて大変なことになっております。笑

今回ご紹介するのは、いつもよりとっても気を使い、とても緊張するお車でした。
1970年型「Mercedes Benz 280SL」です。

※コーティング施工後写真です。

IMG_4480.JPG

1月中頃ですかね。いつもコーティング、メンテナス、洗車のご依頼をいただいているお客様から、もう1台車を買ったので、内装のルームクリーニングと、外装はガラスコーティングしてほしいと連絡をいただきました。

1枚の写真を送っていただいたて、すぐに280SLベンツとわかりました。
何故か申しますと、柴田恭兵さんが当時ドラマ「あぶない刑事」(S61~H1)ではゴールドツートンのF31レパードを乗りながら、プライベートでは黒の280SLを乗られていました。
今でも柴田恭兵さんの大ファンです。笑

話それてしまいましたが、よく写真をみたら、なんとマニュアル。。。

IMG_7699.JPG

引き取り納車を自走でやさせていいただき作業していますので、引き取りに行くまでとってもいろんな思いを抱えながら大緊張。笑
恭兵さんが乗っていた車、どんな車なんだろう・・・重ステなのかなー・・・何速マニュアルなのかなー・・・クラッチ大丈夫かなー・・・とかいろいろ想像しながら。笑
オーナー様ご不在の中いろいろ連絡のやり取りしていましたので、引き取りもスムーズに引き取らさせていただきました。
年式は古いお車ですが、流石メルセデスですね。普通に運転して帰ってまいりました。46年前の車だとは思えないほどゆったり乗れました。
オーナー様から綺麗だよーと聞いておりましたが年式が年式なので、塗装状態、パーツの状態、いろいろなところをチェック。ほとんどレストアさせた車両でしたので、少し安心しました。

いかがですか?このデザインと、貫禄。かっこよすぎです。
運転してる時もかなり視線が熱い。。。笑

入庫時

IMG_4450.JPG

IMG_4453.JPG

こちらのお車。実はオープンカー。

20150424_05cf68[1].jpg

オーナー様からハードトップは外さずに作業してください。とのことでしたので外さずに作業しました。

運転もそうですが、このような古いお車はいつもより更に更に、神経尖らせながら作業します。
まず、ルームクリーニングから。
隅ずみまでバキューム清掃。
特に本革素材でできている、シート、ドア内部分、ダッシュボード周り、天井(ハードトップ)の汚れ落としと、レザーローションを塗って艶出し保護。
メッキ部分はメッキを手磨き、木目部分は専用洗剤で拭きあげます。

IMG_4477.JPG

IMG_4492.JPG

ルームクリーニング後
そして、足回り洗浄に。

IMG_4451.JPG

ステンレスのホイールキャップですが、白く塗装された部分はガラスコーティングするので下処理も念入りに。
タイヤ部分のホワイトリングは塗装落ちしていまうので、中性洗剤でなぞる程度の洗浄します。
塗装部分は2工程磨きを入れてガラスコーティングしています。
ボディコーティング後、タイヤWAX塗布してあります。

IMG_4482.JPG

足回り洗浄後、前オーナーさんがWAXをかけていたみたいで、エンブレム周り、モール部分などにWAXのつまりが。。。細かい部分の水アカ汚れも専用洗剤で洗浄します。
流石に夜中の1時を回ってしまったので、途中で断念。次の日に。。。

エンブレム周り入庫時

IMG_4461.JPG

洗浄、ボディ磨き、コーティング施工後写真です。

IMG_4503.JPG

太陽光だと雰囲気が全く変わりますね。
※コーティング施工後写真です。

IMG_4479.JPG

そして、いよいよボディに取り掛かっていきます。
細部の洗浄後、シャンプー洗車、鉄粉除去(塗装面調整)、マスキング(養生)します。
マスキングも、どこをどのように磨くのかを想像し、どうすればパーツに傷、破損を防げるのかを考えながら。
そして、マスキングも剥がすときのことも考えます。
何故かと申しますと、慎重に剥がさないと塗装やメッキも一緒に剥がれてしまう恐れがあるのです。。。
常に緊張の連続です。それなので、マスキングもそこそこお時間かかりました。。。笑

IMG_4468.JPG

IMG_4469.JPG

マスキングは、磨きから出るコンパウンドの粉が細かい箇所に侵入を防ぐ役割をもち、角々まで磨ける、機械ので磨いている時、部品・パーツを破損させない為などの用途があります。

全塗装されたお車ですが、最終的に塗られるクリアー塗装が入っておらず塗装屋さんが磨いたと思われる機械傷がかなりかなり入っておりました。
この時代のお車にクリアー塗装入れると、反対に当時の雰囲気が損なわれるのもわかりますが塗装状態を考えると完全には除去できないんです。。。できるだけ機械傷が目立たないように何度も磨きます。
しかも、ボンネット、ドア、トランクはアルミ素材なので、鉄部分でできているボディ部分と磨き方を変えて磨きます。

IMG_4471.JPG

1工程目、荒削り作業、深い傷やシミを除去していきます。
2工程目、機械傷、細かい傷の除去
3工程目、バフ目(機械の磨きから出るもやもや)除去、細かい傷の除去
ここで、深夜1時回ってしまったので2日目終了。
3工程目終わって深夜1人でうっとり。笑

IMG_4473.JPG

4工程目、アクリル樹脂ポリマーで更に細かい傷を埋めて、ガラスコーティング塗布前の下地処理
エンブレム周り、細かい部分(機械が入らない箇所)を手磨きします。
全ての磨きを終え、コンパウンドの粉や磨きから出た油分を完全に除去する為、もう1度洗車します(脱脂洗車)水気をしっかり拭き取ります。

IMG_4475.JPG

レストアされたお車なのでエンジンルームも凄く綺麗ですね。

IMG_4476.JPG

ガラスコーティング(PROMAX EXE 撥水)塗布し拭き上げ乾燥させます。

IMG_4504.JPG

メッキ部分を手磨き、窓ガラス清掃、タイヤWAXを塗布して完成です。

IMG_4507.JPG

IMG_4502.JPG

そして、太陽光の下で最終チェックします。

IMG_4495.JPG

IMG_4481.JPG

細部洗浄下地処理、メッキの手磨きしているので、仕上がりもうっとりしてしまいます。

IMG_4494.JPG

IMG_4491.JPG

お車をお届けして、後日ご確認していただいた所、綺麗になってたよ!と喜んでいただきました。
いつもありがとうございます。
こちらの280SLも洗車、メンテナンス入れていただけるそうです。
可愛がります。笑

江戸川区 ガラスコーティング・ルームクリーニングSHOP

カービューティープロ FIRST STAR
http://www.cbp-firststar.com/

〒132-0001 東京都江戸川区新堀1-28-13
TEL 03-3676-0922


posted by FIRST STAR at 23:59| Comment(0) | 日記