2016年10月08日

「PEUGEOT 406」

やっと季節は秋らしくなってきましたね。
お天気崩れやすいですが、すがすがしく過ごせるようになってきました。
車も1年間を通して汚れない季節になってきました。

今週は、5月に「アルファロメオスパイダー」のガラスコーティングさせていただいたオーナー様から、もう1台ご依頼いただきました。お話を聞いたところアルファロメオは綺麗な状態維持されているそうです。
今回ご依頼いただいたお車は「H14年 PEUGEOT 406」もちろんMT。
映画「TAXi」のベース車両で、ボディ色は黒→白に塗り替えそうです。
10年以上の経年車でしたので、いつも以上に念入りに作業させていただきました。

※コーティング施工済み写真です。

IMG_4011.JPG

・プロガラスコーティング(PCX−S7)
・樹脂パーツコーティング
の施工をさせていただきました。
全塗装塗り替えとお聞きしていたので、お車入庫していただく前から覚悟はしていましたが。笑
下地処理にかなり時間かけましたよ。下地処理作業で最終的な仕上がりが変わってくるので念入りに。

IMG_3951.JPG

まずは、内装。バキューム清掃後、パネル部分を専用洗剤で拭き上げです。(写真撮り忘れました)
そして、ホイール洗浄から。

IMG_3952.JPG

専用洗剤何種類も使い分けて洗浄します。
ブレーキダストの焼き付きは完璧には取れませんでしたが。。。
ホイールコーティングのご依頼いただいた時は更に時間をかけてブレーキダスト汚れ除去作業をします。

IMG_3958.JPG

※ボディ、樹脂パーツコーティング、タイヤWAX塗布済み施工済み写真です。

IMG_4000.JPG

ホイール洗浄後、エンブレム、モール類、ドアヒンジ周りなど細かい部分の下地処理洗浄に入ります。
ここは、作業前写真→コーティング施工後写真ご覧になってください。

※@ドアモール WAXの汚れ、水垢汚れ、ピッチタールを除去していきます。

IMG_3947.JPG

↓      ↓      ↓      ↓

IMG_3997.JPG

※Aドアモール

IMG_3948.JPG

↓      ↓      ↓      ↓

IMG_4009.JPG

※窓枠

IMG_3945.JPG

↓      ↓      ↓      ↓

IMG_3998.JPG

※@エンブレム

IMG_3949.JPG

↓      ↓      ↓      ↓

IMG_3994.JPG

※Aエンブレム

IMG_3954.JPG

↓      ↓      ↓      ↓

IMG_3995.JPG

※サイドモール、ステップ周り タイヤで跳ね上げたしたピッチタール、鉄粉も除去します。

IMG_3959.JPG

↓      ↓      ↓      ↓

IMG_4005.JPG

※ナンバープレート  ナンバープレートにこびりついた水垢も細部まで洗浄します。

IMG_3960.JPG

↓      ↓      ↓      ↓

IMG_3996.JPG

細部洗浄後、いよいよボディ洗浄に。
シャンプー洗浄後、鉄粉除去(塗装面調整)します。専用洗剤を吹きかけるとボディに刺さった鉄粉が化学反応を起こし紫色に変色します。

IMG_3962.JPG

ボディ洗浄後、水気を拭き取りマスキング(養生)します。
磨きから出るコンパウンドの粉が細かい箇所に侵入を防ぐ役割をもち、角々まで磨ける、機械ので磨いている時、部品・パーツを破損させない為などの用途があります。
また、全塗装車なので、ドア1枚1枚、ボンネット、ルーフなどなど、各パーツ部分の塗装が厚く塗られてる、薄く塗られてるもあるので極力細かい所まで磨いて、拭き傷を除去したいのでマスキングも慎重にしていきます。
※塗装がまばらだと、磨いてて塗装が抜けてしまうこともあるのでかなりストイックになります。笑

IMG_3964.JPG

IMG_3966.JPG

塗装色が白色なので、傷の有無が写真だとわかりにくいのでトランク周りの作業前→作業後の写真をご紹介したいと思います。
拭き傷はもちろん、板金屋さんで塗装して磨いた磨き傷もかなり入っていたので3工程磨き入れています。

IMG_3969.JPG

1、ファーストポリッシュ。荒削り作業、深い傷やシミを除去していきます。
2、セカンドポリッシュ。機械傷、バフ目(機械の磨きから出るもやもや)除去、細かい傷の除去
パネル1枚1枚塗り方がやはり異なっているので、コンパウンド、磨く機械など使い分けて磨いていきます。

IMG_3972.JPG

パネルごと、仕上げては再度確認してマスキングを剥がしていきながら作業します。

IMG_3967.JPG

3、マスキングをすべて取ってから、サードポリッシュ。アクリル樹脂ポリマーで更に細かい傷を埋めて、ガラスコーティング塗布前の下地処理
サードポリッシュ後、エンブレム周りの研磨作業、機械が入らない箇所を手磨きします。

IMG_3970.JPG

全ての磨きを終え、コンパウンドの粉や磨きから出た油分を完全に除去する為、もう1度洗車します(脱脂洗車)水気をしっかり拭き取り、ガラスコーティング(PCX−S7)塗布しします。
ボディガラスコーティング剤塗布後、樹脂パーツコーティング施工にします。
窓ガラス清掃、タイヤWAX塗布して完成です。

IMG_3989.JPG

IMG_3981.JPG

オーナー様にお車を引き渡す前に、太陽光に当てて最終チェックします。

IMG_4002.JPG

フロントグリル、バンパー樹脂パーツコーティング施工済みです。

IMG_4006.JPG

IMG_4008.JPG

IMG_4012.JPG

お客様にお車を引き取りにいただいたところ、大変喜んでいただきました!!
私も実は磨きあがった時点で(コーティング剤塗布する前)綺麗になった406を見て感動してしましました。笑
この度も、当店もご利用していただきありがとうございました。
3台目もお待ちしております!!

そして、406やりながらも大型トラックのルームクリーニング行って来ました。
かなりかなりかなり汚れていましたよ。笑

IMG_3974.JPG

IMG_3976.JPG

いつもありがとうございます!!

次は新車の施工を紹介したいと思います。


江戸川区 ガラスコーティング・ルームクリーニングSHOP

カービューティープロ FIRST STAR
http://www.cbp-firststar.com/

〒132-0001 東京都江戸川区新堀1-28-13
TEL 03-3676-0922
posted by FIRST STAR at 23:26| Comment(0) | 日記

2016年10月04日

「MAZDA CX-3」

9月中頃にお問い合わせを頂き、新車の「MAZDA CX-3」をやらせていただきました。

※施工後写真です。

IMG_3932.JPG

新車で納車されてから、3つの台風が去ってから入庫していただきました。
これでお天気も落ち着くと思いましたが、なかなかお天気よくならないですね。。。

IMG_3879.JPG

・プロガラスコーティング(PCX−S7)低撥水
・ウインドコーティング全面
・ホイールコーティング
・樹脂パーツ部分コーティング
フルコーティングのご依頼いただきました。

まず室内清掃から、バキューム清掃後汚れたパネル部分を専用洗剤で拭き上げ。
流石に新車ですね。少しだけ手を加えただけでめちゃくちゃ綺麗になりました。

IMG_3933.JPG

室内清掃後、ホイール、樹脂パーツ部分を専用洗剤で下地処理洗浄します。

※施工前

IMG_3882.JPG

樹脂パーツ部分は新車でもウォータースポット(雨シミ跡)が付着しているのでしっかり専用洗剤で下地処理を施します。ホイールも、何種類も洗剤を使い分けて洗浄します。

※ボディ、ホイール、樹脂パーツコーティング施工施工後です。

IMG_3929.JPG

ホイール、樹脂パーツ下地処理してから、窓ガラスの油膜除去に。
窓枠、ゴムパーツ、樹脂パーツに磨き傷が入らないようにマスキング(養生)します。

IMG_3888.JPG

磨き傷が入っていないか1枚1枚確認しながら作業します。

IMG_3890.JPG

洗浄を繰り返し、ウインドコーティング塗布します。

※ウインド、ボディ、樹脂パーツコーティング施工写真です。

IMG_3919.JPG

室内清掃→ホイール下地処理→樹脂パーツ下地処理→窓ガラス下地処理→ボディ下地処理洗浄に。
シャンプー洗浄後、鉄粉除去(塗装面調整)します。
しっかり水気を拭き取りマスキング(養生)します。
拭き傷が、ボンネットルーフにも入っていたのでしっかり磨きます。それなのでマスキングします。
磨きから出るコンパウンドの粉が細かい箇所に侵入を防ぐ役割をもち、角々まで磨ける、機械ので磨いている時、部品・パーツを破損させない為などの用途があります。

IMG_3891.JPG

IMG_3896.JPG

新車ですが1工程目の簡易磨きしてから、深い傷、シミがある部分は2工程3工程磨きます。
マスキングを剥がしながら、最終工程としてアクリル樹脂で再度磨いて下地処理をします。
エンブレム周りの研磨作業、機械が入らない箇所を手磨きします。

全ての磨きを終え、コンパウンドの粉や磨きから出た油分を完全に除去する為、もう1度洗車します(脱脂洗車)
水気をしっかり拭き取り、ガラスコーティング(PCX−S7)塗布し、更に初期の雨シミ付着を回避する為オーバーコート剤(フッ素コーティング)を塗り込みます。
そして、樹脂パーツコーティング剤を隅々まで塗り込みます。
全ての作業を終えて完成です。

IMG_3921.JPG

IMG_3918.JPG

外に出して最終チェックします。

IMG_3931.JPG

樹脂パーツコーティング施工済みをご紹介したいと思います。

フロントグリル

IMG_3924.JPG

フロントバンパー

IMG_3936.JPG

アンダーサイド

IMG_3935.JPG

ドア枠周り

IMG_3934.JPG

リアバンパー

IMG_3928.JPG

深みのあるワインレッドに仕上がりました!!

IMG_3927.JPG

お車を引き取りにいただいた所、「凄いですね」のお言葉頂きました。
本当に嬉しいです!!
この度は当店をご利用していただき、ありがとうございました。

江戸川区 ガラスコーティング・ルームクリーニングSHOP

カービューティープロ FIRST STAR
http://www.cbp-firststar.com/

〒132-0001 東京都江戸川区新堀1-28-13
TEL 03-3676-0922
posted by FIRST STAR at 01:36| Comment(0) | 日記

2016年10月03日

「JAGUAR」「RANGE ROVER」展示車会施工

台風が過ぎすったかと思いきや、また台風が発生してお天気がなかなか回復しませんね。。。
早くすがすがしい秋晴れが来てほしいものです。

先週も作業場で新車施工しながらも、展示車両の施工に行って来ました。
久しぶりのホテル内の展示でしたので、作業空間は凄く快適でした。
「RANGE ROVER」「F-TYPEコンバーチブル」の2台です。

IMG_3904.JPG

こちらのレンジローバー最上級モデルのレンジローバーで、価格が2934万円です。
流石に内装もかなり豪華でした。まさに砂漠のロールスロイス。

IMG_3907.JPG

ロングホイールベースなので、やはりで存在感ありすぎです。
やはり最上級モデルなのもあってか塗装も物凄い良くて拭き傷全く入っていなかったです。

IMG_3913.JPG

軽く磨いて、ポリマー仕上げで作業させていただきました。
そして、こちらの「F-TYPEコンバーチブル」なかなか大変でした。笑

IMG_3899.JPG

1000km走行の広報車両。拭き傷がかなり入っていて、2人かかりで拭き傷取り磨き上げ、こちらもポリマー仕上げで綺麗に仕上げました。

IMG_3911.JPG

オープンカーやっぱりいいですねー。いつかは所有してみたいです。笑

IMG_3909.JPG

夜になると、F-TYPEの違う顔と雰囲気を感じられたのもこの車が魅力的な車なのだと思いました。
またこちらの「パレスホテル東京」皇居の眺めが最高でした。
いつかは優雅に泊まってみたいですね。

IMG_3898.JPG

次回は、新車「MAZDA CX-3」施工を紹介したいと思います。

江戸川区 ガラスコーティング・ルームクリーニングSHOP

カービューティープロ FIRST STAR
http://www.cbp-firststar.com/

〒132-0001 東京都江戸川区新堀1-28-13
TEL 03-3676-0922
posted by FIRST STAR at 17:34| Comment(0) | 日記