2016年04月20日

「エスティマ」

4月に入ってから、沢山のお問い合わせとご依頼ありがとうございます。
昨日、今月ご依頼いただいた大型トラックのルームクリーニング5台作業終了しました。
先日トラックルームクリーニングのやりながら、ご近所さんからの「エスティマ」のプロガラスコーティングのご依頼をいただきました。施工内容をご紹介したいと思います。

※コーティング施工後写真です。

IMG_3104.JPG

せっかくなので昨日トラックの写真も撮ってきたのでのせておきます。

IMG_3079.JPG

50万キロ〜70万キロ走っている長距離トラックで、汚れ方は毎回凄まじく汚れていますが爽快感が出るように仕上げさせていただいております。

IMG_3077.JPG

また、今日から働く車をルームクリーニングしております。後日ブログでご紹介させていただきます。

「エスティマ」の施工に戻ります。
まず初めに、室内清掃から。
バキューム清掃→パネル類清掃から始まり、運転革調シートカバー(ベージュ色)が汚れていたので汚れ落とししました。

IMG_3090.JPG

↓      ↓      ↓      ↓

IMG_3091.JPG

車内清掃後、足回り洗浄(ホイール、タイヤ、タイヤハウス)を4種類の洗剤で洗浄しました。

※施工後、水性タイヤWAXを塗布してあります。

IMG_3109.JPG

次にディテール洗浄(エンブレム、ドアヒンジ、バンパーつなぎ目、ステップ部分などなど)
この細かい部分を洗浄するかしないかで、最終的の仕上がりは変わってきます。

※エンブレム

IMG_3088.JPG

↓      ↓      ↓      ↓ 

※コーティング施工後写真です。

IMG_3106.JPG

ドアステップ周り

IMG_3087.JPG

↓      ↓      ↓      ↓

IMG_3112.JPG

ボディシャンプー洗浄後、塗装面調整(鉄粉、ピッチ、タール除去)
専用洗剤をボディに吹きかけると、ボディに刺さっている鉄粉が化学反応を起こし紫色に変わります。

IMG_3094.JPG

拡大写真です。

IMG_3093.JPG

塗装面調整後水気を拭き取り、マスキングを施します(養生します)

IMG_3095.JPG

マスキングをしたら拭き傷、雨ジミを磨く機械を使って落としていきます。

IMG_3099.JPG

1工程目。荒削り作業(深い傷、シミを取ります)
2工程目。1工程目で出る機械傷や、磨いたときに発生するもやもや跡の除去、細かい傷の除去。
3工程目。更に磨きをかけて更に細かい傷を除去しアクリル樹脂でコーティング施工します。
ここまでの工程を経て、透き通ったようなパールホワイトの輝きが増します。

IMG_3100.JPG

磨きから出た粉や、磨きから出る油分を除去(脱脂)するためにもう一度洗車します。
しっかり脱脂しないとコーティング剤は定着しません。

IMG_3110.JPG

ガラスコーティングPCX−S7(低撥水)、初期雨ジミ回避する為にオーバーコートを塗布しています。
オーバーコートはガラスコーティングの上にフッ素のコーティングしている為2層のコーティング状態になります。1か月後にフッ素コーティングがなくなり、ガラスコーティング被膜が出現します。

コーティング施工後、太陽光に当てて最終チェックします。

IMG_3116.JPG

IMG_3105.JPG

IMG_3114.JPG

お車をお届けした所、大変喜んでいただきました。
この度は当店をご利用していただき、ありがとうございました。



江戸川区 ガラスコーティング・ルームクリーニングSHOP

カービューティープロ FIRST STAR
http://www.cbp-firststar.com/

〒132-0001 東京都江戸川区新堀1-28-13
TEL 03-3676-0922


posted by FIRST STAR at 01:15| Comment(0) | 日記